なぞるん(iPhone and iPad アプリ)

English

 

 このアプリは,視覚障がいのある人が,色を音で「見る」ことをコンセプトにしています.写真の画面を指で触れることによって,写っているものの形,濃淡,色を,この順に,音声とサウンドで認識します.
目の前の様子を知りたいとき,写真を撮影します.また,アルバムから写真を選んで使用できます.

なぞるん起動中の画面

2018.10.23 Masao MIYAKE

使用方法

1.写真決定

 カメラボタンで撮影,または,アルバムボタンで写真を選ぶ.

メニュー画面

2.線画

 線の種類は,太い線と細い線の2種類がある. 画面をタッチすると,その部分が,太い線の場合,音声で太い線,サウンドでドン,と応える.細い線の場合,音声で細い線,サウンドでパン,と答える.音がない場所は線がない.ゆっくりなぞると,サウンドのみになる.タッチのとき,長押しすると面の情報を答える.指の周りの正方形領域(一辺が1.5センチ程度)に「線が多い」,「線がある」,「線がない」のいずれかを音声で応答する.  この画面で,形を認識する.左下の「次へ」ボタンをタップすると,音がして,濃淡画像になる.

線画の画面

3.濃淡画像

 濃淡の種類は,白,明るいグレー,グレー,暗いグレー,黒,の5種類とする.
 画面をタッチすると,打楽器の音で,白はコン,明るいグレーはトン,グレーはパシッ,暗いグレーはバシッ,黒はドン,と,濃淡の種類を音声とサウンドで答える.ゆっくりなぞると,サウンドのみになる.タッチのとき,長押しすると面の情報がわかる.指の周りの正方形領域(一辺が1.5センチ程度)に含まれる濃淡と割合を答える.割合は全体を10としているが,四捨五入などの処理のために合計は10とならないことがある.この画面で写真の明暗の変化を認識する.左下の「次へ」ボタンをタップするとカラー写真となる.

濃淡画像の画面

4.カラー写真

 色の種類は,有彩色は,赤,黄赤,黄,黄緑,緑,青緑,青,紫,そして茶と,ベージュの10種類とする.
 無彩色は白,グレー,黒の3種類. 画面をタッチすると,色名を音声とサウンドで答える.ゆっくりなぞるとサウンドのみになる.
 色の種類とサウンドとの対応は次の通り. オルガンの音で,ドは赤,レは黄赤,ミは黄,ファは黄緑,ソは緑,ラは青緑,シは青,高いドは紫 とドレミファソラシドの,1 オクターブで表現する.
 茶はピアノの低いド,ベージュはピアノの低いシで, 白は打楽器で,コン,グレーはパシッ,黒はドンと音がする.
 茶,ベージュ,白,グレー,黒以外は,色が明るいはトン,暗いはバシッ,の区別がある.

有彩色

明るい・暗い
トン・バシッ

ド(オルガン) あり
黄赤 レ(オルガン) あり
ミ(オルガン) あり
黄緑 ファ(オルガン) あり
ソ(オルガン) あり
青緑 ラ(オルガン) あり
シ(オルガン) あり
ド(オルガン高い音) あり
ド(ピアノ低い音) なし
ベージュ シ(ピアノ低い音) なし

 

 

 

無彩色
コン(打楽器)
グレー パシッ(打楽器)
ドン(打楽器)

 タッチのとき,長押しすると面の情報がわかる.指の周りの正方形領域(一辺が1.5センチ程度)に含まれる色の名前とその割合を答える.明るい暗いの区別はない.割合は全体を10としているが,四捨五入などの処理のために合計は10とならないことがある.  左下の「次へ」ボタンをタップすると,線画に戻る.

カラー写真の画面

5.音で見るポイント

ポイント1.
 線画で写っているものの形を認識し,濃淡画像で明暗の領域を識別します.そして,カラー写真で色の変化や色の領域を知ることにより,段階的に視覚を積み上げて事物を認識します.ただし,自然の風景など複雑な画像は,多数の線ができるので,線画では,形がわかりにくくなります.

ポイント2.
 タッチで音声とサウンドとの関係をつかみ,ゆっくりなぞることで,サウンドの変化により,色の変化を感じ取ります.同じサウンドが続けば,同じ色の領域となります.色がわからなくなれば,また,タッチして音声を聞きます.

ポイント3.
 タッチした分だけ,音声とサウンドが出ますので,今見ている部分と対応しなくなることがあります.ゆっくり写真を調べてください,

ポイント4.
 見える人に写真の説明をしてもらいながら試すと,なお,いっそう写真を楽しめます.

6.今後のアプリの目標

 視覚のない人に,色を感じてもらうことがこのアプリの目標です.実際に使った人のご意見を参考に,バージョンアップする予定です.メニュー画面下部の「コンタクト」ボタンをタップして,ぜひあなたのご意見,ご感想をお送りください.
(このサイトの「コンタクト」ページからも送信できます)